コンフォートプラスのコンセプト|倉敷市の注文住宅アンドホーム

コンフォートプラスのコンセプト|倉敷市の注文住宅アンドホーム

日常に心地よさをプラスした「comfort+(コンフォートプラス)」という暮らし|倉敷市の注文住宅アンドホーム
日常に心地よさをプラスした「comfort+(コンフォートプラス)」という暮らし|倉敷市の注文住宅アンドホーム
明治16年の創業以来、その時代に沿ったお客様の豊かさ、幸せを最優先に商いをしてきた安藤嘉助商店。
そしていま、その思いを継承した倉敷市の注文住宅「a.n.d.+HOME(アンドホーム)」がお届けしたいのは、
「comfort+(コンフォートプラス)」というワンランク上の暮らしです。
コンフォートプラス 経年劣化を愉しめる暮らし方|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム コンフォートプラス 経年劣化を愉しめる暮らし方|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
コンフォートプラス コンセプト画像1 心地よさ|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
十人十色の暮らし方、デザインの好みがあるなかで、唯一変わらずみんなが家に求めるものは「心地よさ」ではないでしょうか。

その心地よさを創り出すのは、広さ?
それとも暮らしの工夫でしょうか?

もちろん、それも大切な要素です。
でも、例え狭小住宅と言われる広さでも安定した性能と暮らしの工夫で心地よさ、快適さを感じることはできます。
日常の生活に心地よさを生み出すのは、広さだけではなく、
流行に左右されない間取り、空間、
時が経っても上質を感じ続けられる素材、
つまり、「空間」と「質感」だと私たちは考えます。

構造と性能、デザインを追求してきた岡山県倉敷市の注文住宅 a.n.d.+HOME(アンドホーム)のスタッフが創りたいのは、
日常の暮らしの中で五感で感じることができる「心地よさ」を生み出す空間と質感。
2つをうまく融合させたコンセプトで創る家を「comfort+(コンフォートプラス)」と名付けました。
comfort+(コンフォートプラス)でお客様が理想とするライフスタイルを叶えながら、
床、壁などの経年変化さえも暮らしを彩る演出として感じ、愉しめるワンランク上の暮らしを実現していきます。
コンフォートプラス 自然を取り込む空間づくり|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム コンフォートプラス 自然を取り込む空間づくり|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
コンフォートプラス コンセプト画像2 豊かな空間|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
comfort+(コンフォートプラス)という家から感じられる心地よさ。
それを創り出す「豊かな空間」は、部屋に射し込む光や窓から見える景色、
そして風の流れなど、自然の恩恵で構成されています。
もし、窓から見える景色が住む人にとって心地よくなければ、
窓の位置を変えることで心地よい景色を見ていただけるようにします。
「人生を愉しむこと」は「空間を愉しむこと」であると信じているから、どこまでも追及していきます。
コンフォートプラス いつまでも続く心地よさを創る|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム コンフォートプラス いつまでも続く心地よさを創る|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
コンフォートプラス コンセプト画像3 質感|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
もう一つの質感。
comfort+(コンフォートプラス)には標準仕様があります。
倉敷市の注文住宅アンドホームの設計士が厳選した無垢材などの自然素材は、
使えば使うほど味わい深くなる革製品のように、
それぞれの素材の経年変化が室内を彩るインテリアとなり
10年後、20年後、40年後・・・と、年月を重ねるごとに違った表情を醸し出しながら、いつまでも心地よさは続いていきます。
厳選した素材が創り出す部屋の味わい、心地よさを私たちは「質感」として大切にしています。
コンフォートプラス プラン、仕様についての詳細|岡山県倉敷市の注文住宅アンドホーム
「屋上庭園がほしい」
「中庭がある家がいい」
「雑誌に載っているようなスタイリッシュなLDKがいい」

どのような理想にも性能に精通した設計士、デザインに特化した設計士
それぞれがアイディアを出し合い、練り上げたプランを提案します。
そこでもはやり、+αでご提案したいのは「心地よさ」。

明治16年の創業から100年以上地域に寄り添ってきた老舗の「品質本位」の信条と、
お客様の豊かさ、幸せを一番に考えて生まれたのが、「comfort+」。
1つの家づくりのプランであると同時に、
倉敷市の注文住宅 a.n.d.+HOME(アンドホーム)の家づくりの設計理念として、
私たちが提案していきたい暮らし方です。
住まいのクオリティとは何かを常に考え、
地域とともに歩んできた老舗だからこそできる家創りがあると私たちは信じています。