Financial plan 資金計画

Financial plan 資金計画

断熱工事

設計の山田です。

笠岡市H様邸。

断熱工事。

白い綿のようなものが断熱材、グラスウールです。

グラスウールといえば…

古い建物の解体の時に見られる、カビが生えて湿気でズレ落ちて…


真っ黒なって…悪いイメージのアレです。

原因は施工不良により壁体内に外気が入り込み、壁体内で結露を起こしたためです。

どんな断熱材でもですが、施工はきちんと施工手順に沿ってやらなければいけません。

今流行りの断熱材もありますが、「〇〇だから絶対大丈夫。気密も取れるし」と過信してる人も多いです。
どのような断熱材にもメリットデメリットはあります。

カスケホームでは断熱材に高性能グラスウールを使用しています。

そしてこの上に防湿シートを張ります。



昔の断熱材をダメにしていた元凶は水蒸気です。

人が生活する家の中には水蒸気がたくさん発生しています。

それが壁体内に入って結露しやすい状況を作っていました。

防湿シートを使うことで、壁体内結露を防ぐことができます。

防湿シートと専用テープでしっかり気密施工しています。

屋内側へのシート施工なので外部環境による劣化の影響は極めて少ないです。





高気密高断熱が当たり前の時代になりました。

重要なのは防湿対策がされている工法なのかどうかです。

防湿対策をしていない工法は気をつけましょう。

断熱も大切ですが家を腐らせない工法も大切です。