Financial plan 資金計画

Financial plan 資金計画

なぜシート気密か

カスケホームの山田です。

カスケホームでは気密施工はベーパーバリアで行っています。



耐力面材にコーキングして気密する方法が一般的で確実性が高いですが、

慣れればベーパーバリアでの工法も確実性が高いです。

コーキングは地震時や経年によって劣化し気密性が落ちる恐れがありますが、

室内側に施工するベーパーバリアは外部からの熱の影響を受けにくいので長期にわたって性能を発揮することが出来ます。

しかもベーパーバリアは屋内からの湿気を抑え、壁体内結露を防止します。

断熱材も安価で高性能なグラスウールを使用できます。

この工法はリノベーションでも使うことができるので、

高性能リノベーション工事が可能になります。