Financial plan 資金計画

Financial plan 資金計画

天井の高さと部屋の広さの関係

a.n.d.designの山田です。

一般的な住宅の天井の高さは約2420ミリ(2メートル42センチ)

と言われています。

これは日本で古くからある尺貫法で8尺(1尺=303ミリ、8尺=303×8)

が基準になっています。

山田は昔、自社大工を抱える工務店で10年以上勤めておりましたので、

この基準が当たり前だと思っていました。


先日、担当していたリノベーション物件が竣工しました。


こちらのリビング、

なんと天井高さが1メートル90センチ以下です。

画像は縮尺編集していません。

なのに部屋が広く見え、それでいて自然です。

このリビングは以前は鉄骨の農機具倉庫になり、

構造を残したまま改造しました。

リビングに立って背伸びすると流石に天井を間近に感じますが、

ソファに座ってみると違和感を感じません。

著名な建築家の方の著書に小さな家を設計するときの

テクニックで「天井高さを低くして、部屋を広く見せることで

小さくとも大らかに住う」というのを学びました。

推奨されていたのは2メートル20センチでしたが、

この物件はそれよりまだ低い高さ。

また建具の高さ、サッシの高さも違和感を感じさせぬポイントです。


これら開口部の寸法設計は特に注意して行ないました。

新築ではなく構造的に制約のあるリノベーションにて

偶然にも実証ができました。

材料の長さも1サイズ小さいもので施工できその分、質を高める。

新築においても同じことが言えます。

最近お客様からよく聞くのが、新築を建てたいけど土地代が高い。

すると残った金額考えると建物も小さくなっちゃうよね…と。

どうしても小さい=狭いと思い込みがちです。

ですが小さくとも大らかに暮らすことはできます。

目の錯覚で我慢し続けるというのではなく、

それが心地よいと実感できるからです。

私たちはそれが実現できる設計チームです。