Financial plan 資金計画

Financial plan 資金計画

住宅性能。

アンドホームのyamadaです。

新しく標準装備されるサッシのサンプルが届きました。

サッシがアルミ製から樹脂製に変更されました。

説明しますと、

樹脂素材はアルミ金属に比べて熱の伝わり方が

1000倍少ないとされています。

建物の外壁表面のうち、一番熱が出入りしているのは窓といわれてます。

昔サッシはペアガラス化されガラスも遮熱ガラスなどが

発売され、空気層の厚みが大きくなり性能が上がってきました。

ただ、ガラスを支えるフレームやレールは熱を伝えやすい素材のままでした。

フレーム廻りが結露しやすく、換気性能も伴ってない家もあり、

窓まわりは常に劣悪な環境下にありました。

それを解決するため、室内側に樹脂を貼ったサッシが発売されました。

今回採用した樹脂サッシはその性能を大きく上回るものになります。

樹脂ゆえに耐候性が指摘されていましたが現在の日本製の樹脂サッシは

表面の何層にも重ねたアクリル層によって、アルミサッシ並みの

耐候性を実現しています。

引き違いサッシをみたらフレームの性能差がわかりやすいです。

当たり前かもしれませんが引き違いサッシのガラスは

左右で外側と中側に分かれています。

それが原因で、ガラスでシャットアウトしたはずの熱は

下レールを通じて左側ガラスの室内側へ侵入してきます。

これがアルミサッシと樹脂サッシの差です。

樹脂サッシのレールは夏の日差しでも内部は熱くなりません。
アルミサッシのレールは触ることができないほど
熱くなります。
サッシは何かあっても交換は難しいです。住宅性能はまずサッシから。