赤一色のzoom zoom

今年初となるカープ戦。昨年も行けなかったので、一昨年ぶりとなりましたが、雰囲気が全然違いました。

CS進出がほぼ確定とあってか、ファンの熱量すごかった。

たしか、一昨年まではホームウェアである白地のユニフォームを着ている人が多かったのに、今回はほぼ真っ赤。ビジターウェアの方もみんな着ていました。外野のレフト側もカープファンで埋め尽くされていたので、球場は真っ赤です。

恒例の7回の風船飛ばしのときには、写真のように見事なまでに赤一色でした。

IMG_1408















zoom zoomスタジアムができたとき、仕事で球場の隅々まで見てまわったのですが、そのとき寝ソベリアやパーティフロアなどこれまでの日本の球場にない斬新な応援席に驚いたものですが、それに加えて、さらに新たにスライリィのふわふわドームが登場していました。進化し続ける球場です。

進化していたといえば、ファンの応援。カープといえばスクワット応援が有名ですが、新たなパターンが2、3つ加わっていました。

こうした球団や熱烈なファンの方の取り組みがあってこそ、 「カープ女子」なんて言葉ができるほど、全国区になっていったんだなあと、

おじさんであふれていた市民球場の時代をしみじみ思い出していました。

新たなお客さんを呼び込むには、やっぱり、人も会社も、常に進化し続けていくことが大切ですね。

 

カスケホーム 鈴木